仙台市水道局トップページへ
リンクコレクション | サイトマップ | サイト内検索   
事業のご案内 くらしと水道 水源・施設・水質 届出・料金
広報、お客さまの声 災害への備え キッズページ 窓口・問い合わせ
トップページ届出・料金 > 水道料金のしくみと料金表(消費税8%) 
届出・料金
水道料金のしくみと料金表
●水道料金表(平成10年4月1日改定)

基本料金課税対象額(1ヶ月につき)
給水管の口径(mm)
料金(円)
13
580
20
1,250
25
1,900
30
2,800
40
5,300
50
11,200
75
24,600
100
48,000
150
130,000
200
260,000

従量料金課税対象額(1ヶ月につき)(1m3につき)
 
種別 及び 用途
専用栓
共用栓
(円)
一般用
公衆浴場用
(円)
給水管の口径
25mm以下
(円)
給水管の口径
30mm以上
(円)
区分
1〜10m3
80
205
125
80
11〜20m3
185
21〜50m3
205
51〜100m3
240
240
101〜200m3
275
275
201m3以上
310
310
185

消火栓使用料金計算表(私設)
演習1回につき
10分毎……1,300円

●下水道使用料金計算表(平成14年6月1日改定)
区分
基本
使用料
課税対象額
(0〜10m3
超過使用料課税対象額(1m3につき)
汚水量
11〜20m3
21〜50m3
51〜100m3
101〜200m3
201〜500m3
501〜1,000
3
1,001〜10,000
3
10,001m3
以上
一般汚水
703円
104円
137円
225円
274円
351円
378円
406円

420円

公衆浴場
22円


【料金の算出方法】

 水道メーターの検針・料金のご請求は2ヶ月毎に行っておりますので、2ヶ月計算での計算例をご紹介します。
 
*参考:水道料金はなぜ2ヶ月に1回請求なの?(よくある質問Q&A)

計算例 : 給水管の口径20mm、2ヶ月の使用水量が44m3の場合

(1)水道料金
(A)基本料金 課税対象額
   1,250円×2ヶ月=2,500円

(B)従量料金 課税対象額 
  2ヶ月分の計算を行うため、上記「従量料金課税対象額」表の区分は
     1〜10m3→×2ヶ月=1〜20m3
    11〜20m3 →×2ヶ月=21〜40m3
    21〜50m3 →×2ヶ月=41〜100m3  (…以下同様に換算)
  となり、この区分毎の使用水量にて計算し、加算します。
1〜20m320m3)×80円=1,600円
21〜40m320m3)×185円=3,700円
41〜50m3 (44m3-40m3=4m3)×205円= 820円
 従量料金課税対象額  計(44m3)  6,120円

上記(A)、(B)の合計に消費税(8%)を加算した額が水道料金となります。
 (A+B)×108/100=(2,500+6,120)×108/100=9,309円
 水道料金=9,309円



(2)下水道使用料金

(a)基本使用料 課税対象額 
  2ヶ月分の計算を行うため、「下水道使用料金計算表」により
      1ヶ月分:0〜10m3 まで  703円
    → 2ヶ月分:0〜20m3 まで  (703円×2ヶ月=)1,406円 
   となります。
基本使用料分(20m3)=1,406円

(b)超過使用料 課税対象額 
  2ヶ月分の計算を行うため、「下水道使用料金計算表」の汚水量区分は
     11〜20m3 →×2ヶ月= 21〜40m3
     21〜50m3 →×2ヶ月= 41〜100m3  (…以下同様に換算)
  となり、この区分毎の使用水量にて計算し、加算します。
21〜40m320m3)×104円=2,080円
41〜50m3 (44m3-40m3=4m3)×137円= 548円

             超過使用料分(24m3) 小計=2,628円

上記(a)、(b)の合計に消費税(8%)を加算した額が下水道使用料となります。
 (a+b)×108/100=(1,406+2,628)×108/100=4,356円  
下水道使用料=4,356円


水道料金等自動計算
■水道料金等早見表
2ヶ月計算(PDF:282KB)
1ヶ月計算(PDF:283KB)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます) PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてください。 

←届出・料金 目次へ