仙台市水道局トップページへ
リンクコレクション | サイトマップ | サイト内検索   
事業のご案内 くらしと水道 水源・施設・水質 届出・料金
広報、お客さまの声 災害への備え キッズページ 窓口・問い合わせ
トップページ届出・料金 > 非課税減免 
届出・料金
非課税減免
●申請方法と申請窓口
 減免の適用を受けるためには、減免申請書の提出が必要です。下記窓口に直接申請書を提出してください。ただし、生活実態等の状況を窓口で直接お伺いする必要がありますので、郵送での申請は、原則として受け付けません。
 窓口に来庁できない場合には、委任状を提出することで、代理人による申請も可能です。
南料金センター (水道局本庁舎1階)
北料金センター (泉区役所東庁舎3階)
市役所料金センター (仙台市役所本庁舎1階)
 減免申請書様式(ダウンロードできます)

●申請に必要なもの
 水道を使用する全員の、減免を受けようとする年度の市民税非課税証明書(ただし、扶養されている18歳以下の方の分は必要ありません)。
 なお、世帯員以外の方が申請される場合には、「委任状」が必要になります。
 委任状(非課税世帯用)様式(ダウンロードできます)

●減免の審査及び適否について
 申請に基づき審査担当からあらためて生活状況等をお尋ねさせていただくことがあります。審査担当からの電話は夜または土日になることもありますのでご承知おきください。
 審査の結果は通知書を郵送することでお知らせします。

●減免期間
 新年度の減免申請は6月から受け付けます。
 減免期間は7月から翌年6月までの1年間です。ただし、期間の途中で減免の申請をされた方は、申請の翌月分から6月までの期間になります。

●減免額
 水道料金、下水道使用料とも基本料金分を減免します。

●減免方法
 ■減免の方法をご覧ください。

●減免期間中に引っ越しをした場合の手続き
 減免期間中に引っ越しをした場合は、減免の適用は終了となります。引っ越し先の住所をご連絡ください。
 市内で引っ越しをした場合のうち、引き続き減免の要件を満たす場合には、新しい住所で改めて減免申請書を提出することで減免が適用になります。

●減免の対象要件に該当しなくなった場合の手続き
 世帯の収入が増えるなど、減免の対象要件に該当しなくなった場合には、減免の適用は終了となります。忘れずに水道局南料金センター(TEL 022-304-0020)までご連絡ください。

●お問い合わせ
 水道局南料金センター  (電話) 022-304-0020


←届出・料金 目次へ