仙台市水道100周年特設ページ
戻る進む

トピックス

数枚の古い写真

ギャラリーを更新しました!

第二次拡張期、第三次拡張期の写真を追加しました。建設中の国見浄水場など、今回も貴重な資料をご覧いただけます。
ギャラリーはこちら

あなたの身近な水風景コンテスト受賞作品

100周年記念作品コンテスト開催!

水に関係する写真や絵を応募していただけます。詳しくは下のリンクから。
100周年記念作品コンテストの作品募集

写真展の様子

水道局で100周年記念写真展開催中

水道局大野田庁舎1階ロビーで、100周年記念写真展を開催中。興味深い歴史的写真をご覧いただけます。


すでに終了したイベントや過去のできごとはこちら

仙台市水道100周年ロゴマークについて

100周年ロゴマーク



きれいな「水」と杜の都仙台の自然豊かな「緑」を基調に、100thのゼロは「水滴」と「葉」を表し、自然の水の恵みをイメージしています。給水開始100周年を迎え、これからも皆様に安全安心な水道水をお届けしていくという気持ちを込めた、ロゴマークとキャッチコピーとしました。
このロゴマークを様々な媒体に掲載して、100周年を盛り上げます。

仙台市水道100年のあゆみ

苦地取水口

創設

仙台で初めての近代水道は、広瀬川の支流である大倉川に水源を求めました。大倉川から中原浄水場へ水を運び、浄水して荒巻配水所へと送り、市内へと給水するというものでした。伝染病の心配がない安心して飲める水、産業の発展に欠かすことのできない水。人々の水道への熱い想いを受けての事業でしたが、第一次世界大戦の勃発による物資の不足と物価の高騰のため幾度となく工事は中断され、事業の完成には、予定の3倍の11年の年月を要しました。完成後、市内への給水を開始したのは大正12年3月31日のことでした。

写真:大倉川苦地取水口(中原系)

青下第一ダム

第一次拡張事業

当時は一般家庭に水道メーターが設置されておらず、いくら水を使っても同じ料金だったため、水道使用量は計画の2倍にも達しました。また、周辺町村との合併により給水区域も拡大し、新たな水源が必要となっていました。そこで、広瀬川の支流である青下川を水源とする第一次拡張事業が開始されました。

現在の青下水源地は、そのほとりに水道記念館が建てられ、水源かん養林に囲まれながら当時の建築物とともに保全されています。

写真:青下第一ダム

富田浄水場のポンプ室

第二次拡張事業

第一次拡張事業が終わったのもつかの間、水の需要は年々増加し、仙台市の水不足は常態化していました。太平洋戦争が終わり、戦禍を受けた水道管の復旧を急ぎましたが、戦後の復興とともに人口は急増、水不足は解消されませんでした。

第二次拡張事業では水源を名取川に求め、富田浄水場から大年寺山配水所を経由して給水することとし、市内への給水体制の強化を図りました。

写真:富田浄水場のポンプ室

建設中の国見浄水場

第三次拡張事業

恒久的な水不足対策として、大倉川を水源とする拡張事業は戦前から検討されていましたが、太平洋戦争の影響で中止となるなど、なかなか実施には至りませんでした。戦後、第二次拡張事業と並行し水不足への抜本的対策の検討が進められ、大倉川にダムを建設し、大量の水源水量を確保する新たな計画が策定、推進されました。大倉ダムの放流水を取り入れた水は、国見浄水場から主に市中心部へと給水され、危機的な水不足は一応の解消を見ました。

写真:建設中の国見浄水場

建設中の茂庭浄水場

第四次拡張事業

昭和40年代になると、仙台市は『新産業都市』としてさらなる発展を見せ、人口の増加と産業活動の高度化、水洗トイレの普及などにより、水の需要は伸び続け、その後も増えることが見込まれていました。そこで川崎町に建設された釜房ダムの水を確保するとともに、本市最大の浄水場である茂庭浄水場を整備し、給水能力を大幅に増加させました。

写真:建設中の茂庭浄水場

七ヶ宿ダムの空撮

第五次拡張事業

第五次拡張事業の開始当時は、東北自動車道や東北新幹線の開通効果もあり、人口の集中と産業の集積が続くことが予想されていました。さらに、昭和62年度には隣接する宮城町、泉市及び秋保町と相次いで合併し、これらの市町の上水道事業と簡易水道事業を継承することにより給水区域が大幅に拡大しました。長期的な展望で安定した給水体制を確立するため、七ヶ宿ダムを水源とする「宮城県仙南・仙塩広域水道」から水を受け入れるための施設整備を進め、平成12年に拡張事業が完成しました。

写真:七ヶ宿ダム

津波で流されなかった耐震管

維持管理期

一連の拡張事業が終了した後も、施設の経年劣化と地域的な水需要への対応として配水管の更新・新設を行いながら、繰り返される地震に対応するため、管路の耐震化や応急給水に係る施設の整備、浄水施設の耐震化を進めてきました。 これまで右肩上がりで増加してきた水需要は、家庭での節水意識の浸透や事業所や工場における地下水の併用といった使用形態の変化などによりその伸びが急速に鈍化しました。将来的な人口減少などから今後の水需要が大幅に増加することが見込めなくなったため、簡易水道事業の統合や浄水場の休廃止など、経営の効率化を図ってきました。

写真:津波で流されなかった耐震管

ギャラリー

仙台市の水道事業は、人口や給水区域の拡大につれて、5回の大きな拡張事業を行っています。
今回は、第二次、第三次拡張事業の貴重な資料写真をご紹介します。

第二次拡張期

木造平屋の建築物

富田浄水場ポンプ室

名取川河畔の富田浄水場は、当初名取川の伏流水をポンプでくみ上げていました。浄水された水は、大年寺山配水所に送水されました。

数台並んだ旧式のポンプ

富田浄水場の伏流水汲み上げポンプ

名取川の伏流水を汲み上げるためのポンプです。

大きな池のある浄水場の風景

富田浄水場ろ過池

ろ過池を含む富田浄水場改修前の全景です。

第三次拡張期

川岸の取水口

苦地取水口(国見系)

大倉ダム下流には、二つの「苦地取水口」があり大倉川の表流水を取水しています。それぞれ中原浄水場と国見浄水場に水を送っていますが、この写真は国見系取水口です。

巨大なすり鉢状の構造物

建設中の国見浄水場

完成後は見ることができない、高速ちん澱池の底面を見ることができます。

建設中のアーチ式ダム

建設中の大倉ダム

建設中の大倉ダムの、特徴的なダブルアーチ式堤体の様子。

作業服姿の人物数人

現場担当者たち

第三次拡張事業着工当初の、現場での記念写真です。

旧式のタンクローリーに集まる人たち

水不足対策の応急給水

第三次拡張事業時点では、夏季の渇水により水不足が起き、給水車が出動することもしばしばでした。

建設中の巨大な建造物

建設中の国見浄水場本館

工事途中の国見浄水場の様子。


これまでにギャラリーに展示したすべての写真はこちら

動画

むかしのすいどうこうじ

すいどうきょくのマスコットキャラクター・ウォッターくんが、むかしのすいどうこうじのようすをしょうかいするよ。
(お子さま向けの動画です。親子でおたのしみください。)

トップへ戻る