本文へスキップ
トップページ > 事業のご案内 > 経営比較分析表

経営比較分析表

「経営比較分析表」の策定及び公表について

総務省の通知に基づき、各公営企業が過去5年分の経営及び施設の状況を表す指標を活用し、経年比較や類似都市平均との比較分析を行うことで、経営の現状及び課題を把握することを目的としています。
また、分析表を公表することを通じて、お客様への経営状況の説明に活用するものです。


経営比較分析表の見方

【経営比較分析表の公表イメージ】

給水人口などの本市水道事業の「基本情報」を冒頭に掲載し、「経営の健全性・効率性を表す指標」と「老朽化の状況を表す指標」を用いて本市水道事業の指標値と類似団体の過去5年分の平均値を比較します。その結果を「分析欄」において分析しています。

経営比較分析表の公表イメージ図

【経営比較分析表に掲載する指標等の解説】

1 経営の健全性・効率性
経常収支比率(%)

給水収益や一般会計からの繰入金等の収益で、維持管理費や支払利息等の費用をどの程度賄えているかを表す指標です。
【単年度の収支が黒字であることを示す100%以上であることが必要です。】

累積欠損金比率(%)

営業収益に対する累積欠損金(営業活動により生じた損失で、前年度からの繰越利益剰余金等でも補填することが出来ず、複数年度にわたって累積した損失のこと)の状況を表す指標です。
【累積欠損金が発生していないことを示す0%であることが必要です。】

流動比率(%)

短期的な債務に対する支払能力を表す指標です。
【1年以内に支払うべき債務に対して支払うことが出来る現金等がある状況を示す100%以上であることが必要です。】

企業債残高対給水収益比率(%)

給水収益に対する企業債残高の割合で、企業債残高の規模を表す指標です。
【高すぎる場合は借入が多いなどの懸念が、低すぎる場合は必要な投資が行われていないなどの懸念があり、バランスの良い数値が求められます。】

料金回収率(%)

給水に係る費用が、どの程度給水収益で賄えているかを表した指標です。100%を下回る場合、給水にかかる費用が給水収益以外の収入(一般会計からの繰入金など)で賄われていることを示します。
【給水収益で費用が賄えていることを示す100%以上であることが必要です。】

給水原価(円)

有収水量(給水収益につながった水量)1立方メートルあたりについて、どれだけの費用がかかっているかを表す指標です。
【低コストで給水できていることを示す出来るだけ低い値であることが求められます。】

施設利用率(%)

一日配水能力に対する一日平均配水量の割合であり、施設の利用状況や適正規模を判断する指標です。数値が低い場合は、施設が遊休状態にあることを示します。
【一般的に、効率性の観点からは高い値であることが望まれます。】

有収率(%)

施設の稼動が収益につながっているかを判断する指標です。
【施設の稼動状況が収益に反映されていることを示す100%に近い数値が求められます。】

2 老朽化の状況
有形固定資産減価償却率(%)

土地や建物、設備などの有形固定資産のうち、償却対象資産の減価償却がどの程度進んでいるかを表す指標で、資産の老朽化度合を示します。数値が高いほど、法定耐用年数に近い資産が多いことを示しており、将来の更新等の必要性を推測することができます。

管路経年化率(%)

法定耐用年数を越えた管路延長の割合を表す指標で、管路の老朽化度合を示します。数値が高いほど、法定耐用年数を越えた管を多く使用しており、将来の更新等の必要を推測することができます。

管路更新率(%)

当該年度に更新した管路延長の割合を表す指標で、管路の更新ペースを示します。数値が1%の場合、全ての管路の更新に100年かかる更新ペースであるということを示します。


経営比較分析表

平成29年度

平成29年度の分析の概要

経営の健全性・効率性につきましては、継続的に黒字を計上するなど健全な財政状況を維持しております。しかし、水需要の減少に伴う給水収益の減少や、老朽化施設の更新等に係る費用の増加等により、今後の経営環境は厳しさを増す見込みであることから、引き続き事業運営の効率化やコスト縮減に努めながら、計画的な事業の推進を図っていく必要があります。
老朽化対策につきましては、経営環境が厳しさを増す見込みである中で、これまで以上に施設・管路の整備・更新需要が増していくことから、アセットマネジメント等の取り組みをこれまで以上に推進し、水道施設の適正な管理を図っていく必要があります。

平成28年度

平成28年度の分析の概要

経営の健全性・効率性につきましては、継続的に黒字を計上するなど健全な財政状況を維持しております。しかし、水需要の減少に伴う給水収益の減少や、老朽化施設の更新等に係る費用の増加等により、今後の経営環境は厳しさを増す見込みであることから、引き続き事業運営の効率化やコスト縮減に努めながら、計画的な事業の推進を図っていく必要があります。
老朽化対策につきましては、経営環境が厳しさを増す見込みである中で、これまで以上に施設・管路の整備・更新需要が増していくことから、アセットマネジメント等の取り組みをこれまで以上に推進し、水道施設の適正な管理を図っていく必要があります。

平成27年度

平成27年度の分析の概要

経営の健全性・効率性は概ね良好な状態を維持していますが、給水原価等の課題に加え、今後は水需 要の減少に伴う給水収益の減少や、老朽化施設の修 繕費や更新に係る減価償却費の増加等により、経営環境は厳しさを増す見込みです。
老朽化対策については、管路の更新需要が増加していくことに加え、浄水場等の基幹施設の更新時期 も控えていることから、アセットマネジメントの取り組みを推進し、限られた投資財源を効率的に活用していく必要があります。

平成26年度

平成26年度の分析の概要

経営の健全性・効率性について、企業の経営成績を表す経常収支が黒字で推移し、H24年度には累積欠損金が解消するなど、経営状況が改善するとともに安定化傾向を示しています。
流動比率も良好な状態で維持しており、概ね健全な財務状況と判断できます。
企業債残高対給水収益比率は、年々、改善の傾向にあるが、類似団体よりも高い水準で推移していることから、今後は、より計画的で効率的な設備投資を行っていきます。
老朽化の状況については、浄水場の更新を計画的に進めることにより有形固定資産減価償却率は低下していくものと思われますが、将来の水需要を見極めながら、適正規模での更新を検討していくこととしています。
管路については、今後、経年化による老朽管が増加していく見込みであり、耐用年数のみならず、埋設環境も考慮しながら、的確な 優先順位を設定するなど、アセットマネジメントの考え方を活用しながら、中期経営計画に基づき、更新ペースを上げている状況にあります。

経営比較分析表の「策定及び公表要領」「類似団体一覧」などにつきましては、総務省ホームページ(外部サイト)をご覧ください。


お問い合わせ先

企画財務課財務係

電話番号:022-304-0011 

ファクス:022-249-2006