本文へスキップ
トップページ > 事業のご案内 > 環境に配慮した事業運営

環境に配慮した事業運営

仙台市水道事業基本計画、仙台市水道事業中期経営計画

水道事業は、健全な水循環といった良好な自然環境の恩恵の上に成り立っている一方で、水道水をつくりお客さまにお届けする一連の過程の中で、電力消費や薬品使用、浄水汚泥の発生など、環境に負荷を与える側面もあります。
このため仙台市水道局では、長期的な事業運営の指針である「仙台市水道事業基本計画(平成22年度〜31年度)」において、優先的・重点的に取り組んでいく施策の基本的方向性の一つとして、「環境に配慮した事業運営」を掲げています。そして、具体的な実行計画である「仙台市水道事業中期経営計画(平成27年度〜31年度)」では、「エコで持続的な水道」を目指すべき将来像とし、それを実現するため、以下の環境に配慮した事業を推進しています。

中期経営計画での取組事業

  • 再生可能エネルギーの活用推進
  • 省エネルギー型機器への切替推進
  • 庁舎改修における低炭素化の推進
  • 直結給水方式の普及促進
  • 次世代自動車等の導入拡大
  • 浄水発生土の有効活用
  • 建設副産物のリサイクル

新・仙台市環境行動計画

仙台市では、大規模な事業者・消費者としての立場から率先して環境負荷の低減を推進するとともに、市民・事業者の取り組みを先導していくために、仙台市独自の環境マネジメントシステム「新・仙台市環境行動計画」を策定し、全庁的に環境負荷低減に取り組んでいます。
水道局も市の一組織として、本計画に基づき、省エネルギー・省資源の推進、ごみの減量化・リサイクルの推進などに取り組んでいます。

※新・仙台市環境行動計画の詳細は、仙台市ホームページ「新・仙台市環境行動計画」(外部サイト)をご覧ください。


お問い合わせ先

総務課総務係

電話番号:022-304-0007 

ファクス:022-249-2006