本文へスキップ
トップページ > 届出・料金 > 減免の対象となる世帯及び減免の方法

減免の対象となる世帯及び減免の方法

水道料金等の減免の対象世帯

仙台市内に居住し、次のいずれかの要件に該当する世帯

要件その1:非課税世帯

水道を使用する全員が市民税の均等割及び所得割を非課税とされ、申請の日における収入が少なく、著しく生活に困窮し、かつ、他から経済的援助を受けていない世帯



要件その2:生活保護世帯

生活保護を受給されている世帯



要件その3:中国残留邦人等

支援給付世帯



減免の対象とならない場合

以下に該当する場合には減免は適用となりませんのでご注意ください。

  • 水道栓が一つである建物内に居住部分と店舗部分が存在し、その店舗部分において常時営業用に水道を使用する業種(飲食店・理美容院等)の場合
  • 水道料金等を直接水道局に支払っていないお客さまのうち、次の要件のいずれかに該当するマンション、アパート及び施設等にお住まいの場合
    • 生活用水として共同で使用できる水道がある場合
    • 各戸に台所、トイレ、風呂等が独立して設置されていない場合
    • 建物を管理する家主、管理人、市・県営住宅公社等に水道料金等を支払っていない場合

減免に関するお問い合わせ先

水道局南料金センターへご連絡ください。

水道局南料金センターの電話番号:022-304-0020


お問い合わせ先

水道局南料金センター

電話番号:022-304-0020

ファクス:022-304-0137