本文へスキップ

「お客さまの声」からの改善事例 届出・料金 関係

非課税減免申請書の改訂による手続き時間の短縮(平成24年6月)

お客さまの声

非課税減免の申請のため料金センターへ行った際、窓口での受付の順番がバラバラで、長時間待たされてしまいました。もう少しスムーズな受付方法を検討してください。

改善しました

非課税減免の申請書を改訂し、適用となる要件に当てはまっているかどうかを確認するための記入欄を新たに追加したことによって、口頭での聞き取り時間が短縮され、混雑の緩和につながりました。
また、非課税減免が適用となっているお客さまに対して、期間満了と更新申請を案内するはがきの発送を開始しました。これにより、申請窓口の混雑時期の分散、はがき持参による受付時間の短縮のほか、お客さまの更新忘れの減少という効果も見られました。

「水道料金等のご案内」などの電話番号表示の拡大(平成27年3月)

お客さまの声

「水道料金等のご案内」などに記載してある水道局の電話番号の表記がわかりにくく、読み間違えてしまいます。わかりやすい表記へ変更してください。

改善しました

「納入通知書」などに記載のお問い合わせ電話番号について、半角数字を使用していましたが、読みやすくわかりやすい全角数字を使用することとしました。

改善後の納入通知書などの電話番号の記載の画像

非課税世帯の減免更新申請について郵送による受付を開始(平成27年5月)

お客さまの声

水道料金などの減免について、更新手続きを行うための受付窓口が自宅近くにありません。遠方に出向くことが大変なので、郵送による申請を認めてもらえませんか。

改善しました

減免の更新手続きについて見直しを行い、非課税世帯の方を対象に、郵送での更新申請の受付を開始しました。
対象の方には、減免期間満了をお知らせする際に、更新に関する書類もあわせてお送りし、窓口・郵送どちらでも申請いただけるようになりました。


水道料金及び下水道使用料のお支払い方法にクレジットカード決済を導入(平成29年10月)

お客さまの声

水道料金をクレジットカードでも支払えるようにしてください。

改善しました

お客さまの利便性の向上を図るため、従来からの口座振替、納入通知書(請求書)によるお支払いに加え、クレジットカード決済によるお支払いも利用できるようになりました。


お問い合わせ先

総務課総務係

電話番号:022-304-0007 

ファクス:022-249-2006