本文へスキップ
トップページ > 事業者の方へ > 給水装置工事 >指定給水装置工事事業者の指定の申請

指定給水装置工事事業者の指定の申請

個人事業者と法人事業者で、提出書類が異なりますので、ご注意ください。
(根拠法令:「水道法」第25条の2および「水道法施行規則」第18から第22条まで)


指定の基準

指定を受けるには、以下のすべての要件に適合している必要があります。

  1. 事業所ごとに、給水装置工事主任技術者(厚生労働大臣より給水装置工事主任技術者免状の交付を受けている者)として選任されることとなる者を置いていること。
  2. 次の機械器具を有していること。
    1. 金切りのこ、その他の管の切断用の機械器具
    2. やすり、パイプねじ切り器、その他の管の加工用の機械器具
    3. トーチランプ、パイプレンチ、その他の接合用の機械器具
    4. 水圧テストポンプ
  3. 次のいずれにも該当しないこと。
    イ.成年被後見人、もしくは被保佐人または破産者で復権を得ない者
    ロ.水道法に違反して、刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者
    ハ.指定を取り消され、その取り消しの日から2年を経過しない者
    ニ.その業務に関し、不正または不誠実な行為をするおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者
    ホ.法人であって、その役員のうちに上記イからニまでのいずれかに該当する者があるもの

指定の申請

仙台市の指定給水装置工事事業者としての指定を受けるには、厚生労働省令で定める、次に掲げる事項を記載した指定給水装置工事事業者指定申請書(様式第1)および添付書類を仙台市水道事業管理者に提出しなければなりません。

  1. 氏名または名称および住所、並びに法人にあってはその代表者および役員の氏名
  2. 仙台市の給水区域について、給水装置工事の事業を行う事業所の名称および所在地、並びにそれぞれの事業所において選任されることとなる給水装置工事主任技術者の氏名およびその者が交付を受けている免状の交付番号
  3. 給水装置工事を行うための機械器具の名称、性能および数量
  4. 事業の範囲

添付書類

指定給水装置工事事業者指定申請書(様式第1)には、次に掲げる書類を添付しなければなりません。

共通(各1部)

  • 前記「指定の基準」の「3.次のいずれにも該当しないこと。」の各号のいずれにも該当しない者であることを示す誓約書(様式第2)
  • 給水装置工事主任技術者選任届出書(様式第3)
  • 給水装置工事主任技術者免状の写し

個人(事業者)の方

  • 住民票または外国人登録証明書の写し(いずれも申請の3カ月以内に発行されたもの。コピー不可)

法人(事業者)の方

  • 定款または寄付行為の写し
  • 登記簿謄本(申請の3カ月以内に発行されたもの。コピー不可)

その他

  1. 申請は、随時、給水装置課で受け付けます。(事前に給水装置課へお問い合わせ願います)
  2. 指定は月に1回行います。
    ※ 毎月15日を申請受付の締切日(土・日・祝日の場合は前営業日)とし、それまでに申請のあったものに対し審査を行い、不適合要件のない者については、その月の末頃(25日前後)を基本に指定給水装置工事事業者の指定を行います。
    また、指定当日の指令書交付後に、説明会を開催します。(具体的な日程については別途ご案内いたします)
  3. 指定を受けるために係る費用は、14,000円(事務手数料)です。
    ※指定当日の指令書交付前に、納入通知書を発行いたしますので、最寄の金融機関で納入してください。領収証を確認した後、指令書を交付いたします。(申請書提出時には必要ありません)
  4. 水道局より指定給水装置工事事業者への連絡は、原則としてFAXにて行います。

提出書類様式


お問い合わせ先

給水装置課給水装置係

電話番号:022-304-0042

ファクス:022-304-1056