本文へスキップ
トップページ > 水源・施設・水質 > きれいで豊富な水道水源を守る取り組み

灯油等の流出事故を防ぎましょう

安全・安心な水はきれいな川から

仙台市の水道は、大倉川、七北田川、釜房ダム、青下ダム、宮床ダムを水源としています。
油が川へ流出し、浄水場へ流れ込んだ場合、浄水処理にて除去することは困難で、ほんの少しの油が混じっただけで、水道水は臭くなってしまいます。
このため、安全・安心な水道水のために油流出事故の防止にご協力をお願いいたします。

油事故の原因は?

油事故の多くは、給油ミスなどの人為的な不注意やホームタンクや給油管の劣化などにより起こっています。また、交通事故による燃料の流出、不法投棄などが原因になることもあります。

雨水ますや道路側溝は河川につながっています

近くに川がなくても、宅地内側溝や雨水ます、道路側溝は河川につながっています。不要になった油類は絶対に流さないで、ルールにしたがって適正に処分してください。

事故処理の費用は原因者の負担

油事故を起こしてしまった場合、周辺環境に多大な影響を及ぼすだけでなく、それらの清掃に要した費用や経費は、水質事故を起こした者(原因者)が負担することになります。上水道等へ被害が及んだ場合には、多額の賠償が発生することもあります。

水質事故を防ぐには?

  • 給油しているときは、絶対にその場を離れず、給油口から目を離さないようにしましょう。
  • 給油後のホームタンクの弁の閉め忘れに注意しましょう。
  • 定期的にホームタンクや給油管に破損や腐食がないか点検しましょう。
  • 地震後は毎回必ず確認しましょう。
  • 不要になった油類はルールにしたがって適正に処分しましょう。

事故を起こした場合や発見した場合は?

もしも大量の油を漏らしてしまったり、火災の危険性のある事故を起こしてしまったり、それらを発見した場合は、速やかに最寄りの消防署へご連絡ください。

関連リンク


お問い合わせ先

施設課浄水管理係

電話番号:022-304-0218 

ファクス:022-249-2811