本文へスキップ
トップページ > 届出・料金 > 減免の対象となる世帯及び減免の方法 > 令和2年度 非課税減免申請の受付について

令和2年度 非課税減免申請の受付について

新規の申請受付は窓口のみの対応としておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、郵送による申請を受け付けます。
申請を希望する方には申請書類を送付いたしますので、下記担当料金センターまでお問い合わせください。

非課税減免の対象要件

次の1から3すべてに当てはまる世帯が対象です。

  1. 水道を使用している全員が、市・県民税の均等割及び所得割が非課税である。
  2. 申請の日における収入が少なく、著しく生活に困窮し、かつ、他から経済的援助を受けていない。
  3. 仙台市内にお住まいで、生活用として水道を使用している。(店舗等で使用している水道や、施設入所、長期入院等で居住実態がない場合は対象となりません。)

非課税証明書の提出

非課税減免を新規に申請される方、又は更新の申請で「水道料金等非課税減免申請に係る同意書」を提出されていない方は、非課税証明書の提出が必要です。
税証明は、各区役所・各総合支所の窓口のほか、郵送やコンビニでも取得可能です。
詳しくは、仙台市ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

税証明の提出にあたっては、必ず『令和2年度 市・県民税非課税証明書』であるか確認してください。「令和2年度」より前の証明書や「課税証明書」では申請できません。

令和2年度の税証明の発行開始時期

各区役所・各総合支所窓口の場合
 対象  発行開始日
 市県民税が給与から差し引かれている方
 非課税の方
 令和2年5月15日(金)
 市県民税を納税通知書で納める方
 市県民税が年金から差し引かれている方
 令和2年6月12日(金)

コンビニ交付申請の場合
 対象  発行開始日
 市県民税が給与から差し引かれている方
 非課税の方
 令和2年5月24日(日)
 市県民税を納税通知書で納める方
 市県民税が年金から差し引かれている方
 令和2年6月12日(金)

非課税減免の審査結果

非課税減免の審査結果は、通知書でお知らせします。通知書到着まで1ヶ月程度かかる場合があります。
審査により適用となった場合は、申請書が水道局へ到着した日の翌月から令和3年6月までの基本料金が減免となります。


担当料金センター

非課税減免の申請書類をご希望の方は、水道をご利用いただいている区の担当料金センターへお申し込みください。

青葉区・泉区で水道をご利用の方
北料金センター(泉区役所東庁舎3階)
電話番号:022−371−8830

宮城野区・若林区・太白区で水道をご利用の方
南料金センター(水道局本庁舎)
電話番号:022−304−0020


非課税減免の審査結果に関するお問い合わせは、水道ご利用地域にかかわらず、南料金センターへご連絡ください。
なお、税証明取得に関するお問い合わせは料金センターでお答えできかねますので、各区役所・各総合支所窓口へお尋ねください。