本文へスキップ
トップページ > 届出・料金 > 減免の対象となる世帯及び減免の方法 > 令和3年度 非課税減免申請の受付について

令和3年度 非課税減免申請の受付について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、郵送による申請を受け付けます。

非課税減免の対象要件

次の1から3すべてに当てはまる世帯が対象です。

  1. 水道を使用している全員が、市・県民税の均等割及び所得割が非課税である。
  2. 申請の日における収入が少なく、著しく生活に困窮し、かつ、他の世帯から継続性のある経済的援助(養育費、仕送り、家賃や水道光熱費の支払いなど)を受けていない。
  3. 仙台市内にお住まいで、生活用として水道を使用している。(店舗等で使用している水道や、施設入所、長期入院等で居住実態がない場合は対象となりません。)

申請手続きについて

初めて減免を申請される方

郵送または窓口で受付いたします。

  • 「申請書」
    郵送での申請をご希望の方は申請書類を郵送いたしますので、担当料金センターへお電話ください。
  • 水道を使用する方全員の「令和3年度市・県民税非課税証明書」
     (平成14年4月2日以降に生まれた被扶養者は不要)
  • 代理人が申請する場合は「委任状」

引き続き減免を申請される方

水道局から「令和2年度非課税減免期間満了について(お知らせ)」を郵送いたします。「減免申請書(更新申請用)」に必要事項を記入のうえ<キリトリセン>で切り離して、同封の返信用封筒に入れて郵送するか、窓口に持参してください。

水色の「更新申請書」が届いた方

税情報取得のための「同意書」を提出し、世帯全員の非課税が確認できた方です。水道をご使用になっている方に変更が無ければ「非課税証明書」の添付は必要ありません。必要事項をご記載し「更新申請書」のみ提出してください。

黄色の「更新申請書」が届いた方
  1. 税情報取得のための「同意書」未提出の方
    申請書裏面に「必要」と記載された方の「令和3年度市・県民税非課税証明書」を添付のうえ、必要事項をご記載し「更新申請書」を提出してください。

  2. 税情報取得のための「同意書」を提出している方
    水道局で税情報の確認を行った時点では、世帯全員の非課税が確認できなかった方です。(未申告・情報が一致しないなど)
    • 修正申告等を行って非課税が確定した場合は、その旨を申請書の枠外に記入のうえ、必要事項を記載し「更新申請書」を提出してください。あらためて水道局で税情報の確認をいたしますので「非課税証明書」の添付は必要ありません。
    • 課税の方は、減免の対象ではありません。(世帯全員が非課税であること)

申請期限

  • 令和3年6月30日(郵送の場合は、水道局必着)

期限を過ぎても受付いたしますが、申請日の翌月からの減免適用となりますので、ご注意ください。


非課税証明書が必要な方へ

税証明は、各区役所・各総合支所の窓口のほか、郵送やコンビニでも取得可能です。
詳しくは、仙台市ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

税証明の提出にあたっては、必ず『令和3年度 市・県民税非課税証明書』であるか確認してください。「令和3年度」より前の証明書や「課税証明書」では申請できません。


非課税減免の審査結果

非課税減免の審査結果は、通知書でお知らせします。通知書到着まで1ヶ月程度かかる場合があります。
審査により適用となった場合は、申請書が水道局へ到着した日の翌月から令和4年6月までの基本料金が減免となります。


担当料金センター

初めて減免を申請される方で郵送申請をご希望の方は、水道をご利用いただいている区の担当料金センターへお電話ください。

青葉区・泉区で水道をご利用の方
北料金センター(泉区役所東庁舎3階)
電話番号:022−371−8830

宮城野区・若林区・太白区で水道をご利用の方
南料金センター(水道局本庁舎)
電話番号:022−304−0020


非課税減免の審査結果に関するお問い合わせは、水道ご利用地域にかかわらず、南料金センターへご連絡ください。
なお、税証明取得に関するお問い合わせは料金センターでお答えできかねますので、各区役所・各総合支所窓口へお尋ねください。