本文へスキップ
トップページ > くらしと水道 > 検針にご協力をお願いします

検針にご協力をお願いします

検針員の検針の様子水道料金は使用した水量に応じてお支払いいただくことになっています。
水道局では、地区ごとに検針日を決めて、水道局が委託している検針会社の検針員が水道メーターの検針を行っています。(天候などにより多少ずれることもあります。)


検針に際して

仙台市水道局では、新型コロナウイルスの感染症の拡大防止のため、お客さま対応時にマスクを着用することにしています。
一方で、夏季の気温・湿度が高い中でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。屋外で人と十分な距離が確保できる場合は、マスクを外して検針を行いますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

検針方法

検針は「ハンディターミナル」という名の小型コンピューターを使って行います。
ハンディターミナルに水道メーターが示している数値(水量)を入力すると、自動的に今回の使用水量と水道料金を計算し、その場で「水道ご使用水量等のお知らせ」を発行します。
また、このハンディターミナルは、使用水量がいつもより極端に多い場合にブザーで異常を知らせる機能も備えており、漏水を発見するのに大いに役立っています。


検針が正しくできるようご協力ください

犬が吠えて検針できない様子

犬は放し飼いにせず、出入り口やメーターボックスから離れた場所につないでおいてください。


メーターボックスの上に駐車され検針ができない様子

メーターボックスの上に車や物を置かないようにしてください。


メーターボックスを清掃する図

メーターボックスの中は、いつもきれいにしておいてください。



検針は、水道局が委託している検針会社の検針員が行います

水道局が委託している検針会社については、こちらのページをご覧ください。


お問い合わせ先

営業課料金収納係

電話番号:022-304-0157

ファクス:022-249-2123